Latest Posts


祝・還暦「レッドチキンライブ」 @モダナークカフェ(神戸元町)


今年、めでたくKANREKIを迎える。酉年の三人。
桜の美しい季節に、和やかでエキサイティングな一夜をお楽しみください。

出演:後藤ミホコ、久保比呂誌(津軽三味線、ピアノ)星田一山(尺八)
■ 日時:2017年4月7日(金)
■ 時間:18:30開場 19:30開演
■ 料金:3,500円ドリンク付)
別途料金で18:30よりお食事も出来ます。美味しい自然食をお楽しみください。
■ 会場:モダナーク ファームカフェ ( 078-391-3060 ) 
6500012 神戸市中央区北長狭通3-11-15 アクセス

【ご予約・お問合せ 】
●後藤ミホコHP mihoko-goto.com
●モダナーク ファームカフェ 078-391-3060
久保比呂誌 【作曲、ピアノ、津軽三味線ー)
神戸生まれ。
初代、高橋竹山師「津軽じょんがら節」に感銘を受け、津軽三味線奏者となる。
イタリア、ドイツでコンサートを行う。ニューヨーク、ハワイでダンス公演「神話」にゲスト出演。
現在は、「津軽三味線とピアノ」を演奏する異色のスタイルでコンサートかつどうを展開中。


後藤ミホコ   (アコーディオン)www.mihoko-goto.com
10歳の時からアコーディオンを始め、大阪音楽大学ピアノ専攻卒業後は小学校の音楽教員となる。
12年勤めた後、アコーディオン奏者に転身、ロサンゼルス、モスクワなどの海外留学を経て、02年~04年ジプシーユニットTENGOで活動。全国各地のコンサートやイベントに出演。また、アルバムリリース、テレビ、ラジオ出演の他、03年に日露友好親善アーティストを務めた。
現在東京、大阪を中心にソロ活動中。


星田一山   (尺八
都山流尺八楽会 初代星田一山。二代目星田一山に師事。1980年大阪音楽大学筝専攻卒業。85年大阪文化際奨励賞を受賞。94年都山流尺八楽会主催本曲コンクール全国大会において一位金賞、文部大臣賞を再度受賞。98年 大阪文化祭奨励賞受賞。04年三代星田一山襲名。大阪音楽大学講師。


ニューヨークを拠点にフォトグラフやグラフィックデザインと多岐に渡って活動を続けるJeffrey Cuyubambaさんによる
ネコをテーマにした写真が3月2日よりカフェ店内にて展示されます。

モダナークカフェでの過去2回のネコ写真展示もたいへん好評でした。
ジェフリー氏の新たなネコ写真を是非ともご観覧ください。


Jeffrey Cuyubambaジェフリークユバンバ
1960年生まれ。Queens Tribune, Manhattan Resident, New York Observer を経て現在はジュリアード芸術学院パブリケーション部門で世界に発行されるジュリアードジャーナルを担当する傍ら、
80年代半ばからニューヨークのガレージロックバンドシーンを撮り続けているフォトグラファーとしても活躍。
大の猫好き、母親がニューヨーク郊外でたった一人で始めた野良猫保護活動もサポートしている。現在は妻と二匹の猫、まるとむくとニューヨーク、アストリア在住。

■ 日時:2017年3月2日(木)
■ 会場:モダナークカフェ 神戸市中央区北長狭通3-11-15 078-391-3060



Lunch 11:30 ~ 14:00
◆ ベジタリアンプレート  単品 1150yen

みそごぼうのコロッケとレンコンのカツ
玄米ビーフン
ひよこ豆とココナッツクリームのカレー風味
人参のラペ
キャベツと紅芯大根の甘酢漬け
・白菜とトマトのスープ
・玄米ご飯

ごはん大盛り  + 50yen
大豆バーグのせ + 250yen
はちみつ漬梅干 + 50yen



◆ Vegetarian Plate  1150yen

Miso burdock croquette  and lotus root cutlet
Brown rice vermicelli
Coconut cream and curry mashed chickpeas
Carrot rappe
Sweet and sour pickled cabbage  and watermelon radish
・Chinese cabbage and tomato soup
Organic brown rice


large rice +50yen
Soy beans patty +250yen
honey plum + 50yen


《バレンタイン限定クッキー》
NICO

バタークッキーに
オーガニックレーズン・クルミ・ラム酒の入った
ガナッシュを たっぷりサンドしてあります。

550yen


《期間限定》
ヴィーガンチョコレートケーキ MIXベリーソース添え
+50円でホイップクリームが付けれます

たっぷりのチョコレートを生地に混ぜ込み
低温でじっくり焼き上げました

小麦、大豆、りんご、お酒 使用
550yen
映画 「スケッチ・オブ・ミャーク」 モダナークカフェ上映会


歌うことは、神とひとつになること
生きる願いは声となり、神へ届く
魂のありか「ミャーク(宮古島)」への旅


沖縄県宮古諸島には、沖縄民謡と異なる知られざる唄がある。
厳しい島での暮らしや神への信仰などから生まれた「アーグ(古謡)」と「神歌(かみうた)」がそれだ。
昔からこの島では生きることと、神への願いと唄はひとつのものであった。
あたかも遠い時代に輝いた星の光が時を経て、この地球に届くように、この島ではいまだに古くからの信仰と唄がその姿を色濃く残す。

それらは、宮古諸島に点在する村々の中でひっそりと歌い継がれてきた。
特に数世紀に及ぶ長い歴史を持つ御嶽(うたき:霊場)での神事のなかで歌われる「神歌」は、
喜びと畏敬の念をもって、幾世紀にも渡り口伝されてきた。
すべては音楽家の久保田麻琴が、島でそれら貴重な唄に出会ったことに始まる。
そしてそれらの素晴らしい歌群が、絶滅の危機に瀕していることを知る。

本作は歌を唄い継ぐ人々の暮らしを追うなかで、神と自然への畏れ、
そして生きることへの希望を見出したドキュメンタリーだ。
監督の大西功一は、秘められた島の神事を追い、生きることと信仰と唄がひとつだった時代を知る老人達と寄り添い、いまだ原初の姿が生きる奇跡の島、ミャークを鮮やかに投影した。

ミャーク(宮古島)には、今まさに失われようとしている大切な「記憶」がある。




■ 日程:2017年1月27日(金)
■ 時間:開場 19:00 / 開演 19:30 上映(作品時間104分)&監督トーク(約30分)
■ 料金:前売 2,000円 (ドリンク付き)/当日2,300円 (ドリンク付き)
■ 会場:モダナーク ファームカフェ  6500012 神戸市中央区北長狭通3-11-15 アクセス

ご予約:モダナークカフェ宛てご予約メール
※件名に「スケッチ・オブ・ミャーク 上映会予約」と明記の上、
 お名前(フルネーム)・電話番号・ご希望人数をご記入お申し込み下さい。

■ お問い合わせ:モダナーク ファームカフェ / 078-391-3060





映画
『スケッチ・オブ・ミャーク』



日本 | 2011 | テシタル | HD | カラー | ステレオ | 16:9 | 104 分

公式ホームページ
sketchesofmyahk.com


■ストーリー■
ミャーク(宮古島)には、今まさに失われようとしている大切な「記憶」がある。
厳しい島での暮らしや神への信仰などから生まれ、ずっと大切に歌い継がれてきた「唄」がそれだ。
老人達は語る。かつて島での厳しい生活と信仰と唄が切っても切り離せないひとつの時代があったことを。そして、今でも神の存在がかけがえのないものであることを。
老人達の心を映すかのように、この島の御嶽では神事の火が数百年に渡り人から人へと受け継がれてきた。
神女達(ツカサンマ)は、生きる願いとともに「神歌」を神に捧げる。宮古島の唄の源流とされる古い唄だ。
しかし、「神歌」の響きが、今この島から途絶えようとしている。
2009年、九十歳を超えた老婆達が東京へと渡る。コンサートホールの舞台に立ち、「神歌」を歌うために。満場の観客を前に彼女らは力を振り絞り、歌う…。
ミャークの「神歌」が一般聴衆に届いた最初の瞬間だ…。沖縄県 宮古島、ミャーク。
これほどまでに豊かな世界があったことへの衝撃、そして不思議な懐かしさがわたしたちの胸を打つ。


■監督プロフィール■
大西功一(製作、監督、撮影、編集)
1965年、大阪生まれ。大阪芸術大学在学中よりテレビ報道カメラマンのアシスタントにつく。
1988年、学友らとともに、消え行く大阪の古い町を背景にギター流しを追ったドキュメンタリー作品「河内遊侠伝」が卒業制作学科賞。同年上京、映像プロダクションへ。
1991年、退社後、フォークシンガー高田渡を象徴的役柄に配し、映画「吉祥寺夢影(きちじょうじむえい)」を製作。
1995年、北海道函館を舞台に、前作についで出演に高田渡を配し、モノクロ映画「とどかずの町で」を発表。
他にテレビ番組、ミュージックビデオ、DVD作品等、多ジャンルの映像作品を手掛ける。

「スケッチ・オブ・ミャーク」は16年ぶりの映画となる。現在、津軽三味線の巨匠、故高橋竹山を中心に津軽を描く新作ドキュメンタリー映画「津軽のカマリ」を製作中。

2017年末完成予定。


■製作:監督・撮影・録音・編集:大西功一
■原案:監修・整音:久保田麻琴
■出演者:久保田麻琴/長崎トヨ/高良マツ/村山キヨ/盛島宏/友利サダ/本村キミ/ハーニーズ佐良浜/浜川春子/譜久島雄太/宮国ヒデ/狩俣ヒデ/嵩原清 ほか デザイン:有山達也+岩渕恵子(アリヤマデザインストア) 宣伝協力:鎌田雄介/天久雅人/穐場慶吾/サラーム海上

●協力:東京[無形文化]祭 後援:沖縄県/宮古島市/宮古島市教育委員会/エフエム沖縄/沖縄タイムス社/沖縄テレビ放送 宮古新報/宮古テレビ/宮古毎日新聞社/ラジオ沖縄/琉球朝日放送/琉球新報社/琉球放送(順不同) 特別協賛:特定非営利活動法人 美ぎ島宮古島/日本トランスオーシャン航空株式会社/有限会社 宮古ビル管理(順不同) 2011年/日本/カラー/HD/ステレオ/104分 (c) Koichi Onishi 2011

★公式サイト sketchesofmyahk.com
★公式facebook https://www.facebook.com/MYAHK77
★公式twiiter @MYAHK77