Latest Posts

2/24 文化人類学者が語り演じるアフリカン・ポップス! ~アフリカからアジアまで広がる音楽世界~

By 2019/02/17 19:58



文化人類学者が語り演じるアフリカン・ポップス!
~アフリカからアジアまで広がる音楽世界~

@モダナークカフェ(神戸元町)


アフリカのポップスをテーマに研究をすすめている文化人類学者が集まって立ちあげた「アフリカン・ポップス!研究会」主催のイベントを開催します。
文化人類学者自身が「パフォーマー」となってアフリカのポップスやサウンド・スケープを自由な形式で表現するイベントです。
今回の神戸編では、セネガルの太鼓とダンス、ギニアのポップスとダンス、エチオピアのフィールド録音と詩の朗読、コートジボワールのグリオというアフリカ音楽のパフォーマンスに加え、アジアに範囲を広げて、韓国の音楽を紹介します。
アフリカのみならず、アジアのみならず、世界の音楽に関心のある方すべてに参加していただきたいと思います。政治が世界を分断する今だからこそ、音楽で、日本と、アフリカと、そして韓国とつながってゆこうではありませんか。
.


【プログラム】
18:45 「イントロ―音楽でつながるアフリカとアジア(趣旨説明)」<鈴木裕之>(国士舘大学)
18:50 「ギニアポップスに見るコリオグラフィの特性」<中川千草>(龍谷大学)
19:10 「ハラール夢想曲」<川瀬慈>(国立民族学博物館)
19:30 休憩
19:40 「魅惑の韓国リズム世界・チュジャ島の農楽村祭り直送レポート」<神野知恵>(国立民族学博物館)
20:05 「口で言えれば叩けて踊れる!?-セネガル太鼓の特徴-」<菅野淑>(愛知淑徳大学)
20:25 「グリオがブルースを歌うとき(夫婦ライヴ)」<ニャマ・カンテ+鈴木裕之>
20:55 「マンデ × DJタイム(グリオのジャム・セッション)」<ニャマ・カンテ+矢野原佑史>(京都大学)


■ 日時:2019年2月24日(日)
■ 時間:18:30開場 18:45~21:15
■ 料金:3,000円(1ドリンク付)
■ 会場:モダナーク ファームカフェ ( 078-391-3060 ) 
6500012 神戸市中央区北長狭通3-11-15 アクセス

【ご予約・お問合せ 】

主催:アフリカン・ポップス!研究会
後援:日本アフリカ学会関西支部

You Might Also Like

0 コメント